子ども家庭福祉とソーシャルワーク~子どもの育ちを地域で支える包括的支援体制の構築~

2014年に施行された「子どもの貧困対策法」は、子どもの将来がその生まれ育った環境によって左右されること、また貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、必要な環境整備と教育の機会均等を図ることを目的としている。また、2018年に改正された「生活困窮者自立支援法」では「地域社会からの孤立」による生活困窮状態への対応の必要性が示された。このようななかで、スクールソーシャルワーク、子ども食堂、ひとり親家庭支援、社会的養護の実践など、子どもの育ちを地域で支えるべく、さまざまな関係者や関係機関が相互に連携、協働しての取り組みが各地で行われている。さらに、2017年に改正された「社会福祉法」(第4条)では、地域住民及びその「世帯」が抱える「地域生活課題」に対して地域住民や関係機関の連携により解決を図ることが明記されている。

今日私たちには、世代や分野、領域を超える、横断する、あるいはつなぐ支援の取り組みを、「地域に根ざしたソーシャルワーク実践」として展開していくことが求められている。今回の「ソーシャルワーク・コラボ」では、子ども家庭福祉分野を中心として地域に根ざしたソーシャルワークを様々に展開されている鳥取県での取り組みから学びつつ、子どもの育ちを支える地域づくりや地域交流、そして包括的支援体制の構築を進めるために、ソーシャルワークの意義や期待される役割、および今後に向けた課題や展望を共有する機会としたい。

  • 日時
    2019年10月26日(土) 13時~16時30分
  • 会場
    鳥取県立倉吉未来中心 セミナールーム3
    (鳥取県倉吉市駄経寺町212-5  TEL:0858-23-5390)

    基調講演「子どもにとっての地域共生社会:学校プラットフォームとは~子どもの視点で考える~」

    山野 則子 氏
    大阪府立大学 教授

    シンポジウム「子ども家庭福祉とソーシャルワーク~子どもの育ちを地域で支える包括的支援体制の構築~」

    発題1:スクールソーシャルワークの実践から
    福島 史子 氏
    鳥取県教育委員会 スクールソーシャルワーカー活用事業スーパーバイザー

    発題2:社会的養護の実践から
    山根 孝 氏
    母子生活支援施設倉明園 施設長

    発題3:子ども食堂の実践から
    田中 昭子 氏
    こども食堂とみんなの居場所ほっとここ 代表

    コメンテーター
    山野 則子 氏
    大阪府立大学教授

    コーディネーター
    大島 巌  氏
    日本社会事業大学
    空閑 浩人 氏
    同志社大学

  • 主催
    日本ソーシャルワーク学会
    一般社団法人鳥取県社会福祉士会
  • 共催
    鳥取県医療ソーシャルワーカー協会
    鳥取県精神保健福祉士会
  • 後援(予定含む)
    鳥取県、鳥取県教育委員会、公益社団法人日本社会福祉士会、公益社団法人日本精神保健福祉士協会、公益社団法人日本医療社会福祉協会、日本学校ソーシャルワーク学会、日本社会福祉学会中国・四国地域ブロック
  • 参加費
    上記の主催及び共催の学会・協会等所属会員は 無料
    それ以外の方は 500円(資料代)

申し込み方法・問い合わせ先

※10月10日(木)までに「研修申し込みフォーム」へ必要事項をご入力いただき、お申し込みください。「研修申し込みフォーム 備考欄」には所属団体名を必ずご記入ください。

一般社団法人鳥取県社会福祉士会 事務局
鳥取県鳥取市伏野1729-5 TEL:0857-30-6308

研修申し込みフォーム

ソーシャルワーク・コラボinとっとり開催要綱PDFダウンロード